emTech Academy
新入社員向けITエンジニア研修
ロボット制御 テクニカル・マスターコース

新入社員にここまで体験させる、
ハイパフォーマンスな研修です。
ものづくりの楽しさを実感しながら、

開発現場で必要な基礎力を身につけます。
申込み
受付中

新入社員向けITエンジニア研修  
ロボット制御 テクニカル・マスターコース
新入社員の『成長』を第一に考えたカリキュラムとヒューマンスキルの向上も兼ね備えた圧倒的なリピート率のエンテックアカデミー。
加えて、自分が作ったソフトウェアでロボットが動く感動とわかりやすさが主体的な学びを生む、エンジニアを成長に導くアフレルの「体験型研修」。
助成金活用と安心のサポート体制により企業負担の軽減を実現。

組込みエンジニア ロボット制御コース

① 組込みエンジニア養成コース
 (38日間+3日間)
② 組込みシステム開発実践コース 
 【UML-C】(5日間)
日程:2022年4月7日~6月17日
日数:46日間
開催:東京、名古屋
価格:1,100,000円(税込み)

① 組込みエンジニア養成コース

C言語による組込みエンジニアを育成するコースです。
弊社オリジナルのGR-SAKURA_eMboarDボード(RX63Nマイコンを搭載)を
使用し、
組込みシステム開発の基礎を身に付けます。

コースの前半は、4つの講座を通してプログラマに必要な基本技術(コンピュータの基礎、ロジック構築、言語文法)を修得する講座構成です。

後半では、前半の講座内容を踏まえて、組込みシステム開発技術の基本を学ぶ講座構成となっております。

そして、コースの集大成として、最後に、これまでの講座で修得した知識・スキルを用いて、RX63Nマイコンを搭載した、弊社オリジナルのボードGR-SAKURA_eMboarDを使用して組込みシステム開発を模擬体験する『プロジェクト型演習』の講座を実施しております。


② 組込みシステム開発実践コース【UML-C】

教育版レゴ® マインドストーム® EV3を使用し、実践型の開発プロ
ジェクト演習に取り組みます。
開発プロセス全体の体験を通じて、各フェーズでの自身の成果がどの
ように後工程やシステムの品質に影響を与えるかを、成功体験・失敗
体験から深く理解でき、全体を俯瞰する力が身に付きます。

・要求分析から始まる分析/設計にはUML設計により、段階的詳細化を経て
 C言語でプログラミングします。
 実装からテスト工程はロボットを使用し、正しくシステムが動くかや
 正しく理解できているかを、ロボットの動きで可視化しながらトライアンド
 エラーを繰り返します。

・2人1組のチームを組み、個々の責務を果たしつつもチームとしての開発成果を
 目指して取り組みます。

・基本処理・例外処理・性能改善・機能追加と、受講者の理解度に応じて
 開発成果に大きな差が出る5日間の開発プロジェクト演習です。

※ロボットは、お貸出にて実施いたします。


JavaWebエンジニア UMLロボットコース

① JavaWebエンジニア養成コース
 (38日間+3日間)
② オブジェクト指向開発実践コース 
 【UML-Java】(5日間)
日程:2022年4月7日~6月17日
日数:46日間
開催:東京、大阪
価格:1,100,000円(税込み)

① JavaWebエンジニア養成コース

JavaによるWebアプリケーションエンジニアを育成するコースです。
Servlet+JSP+MySQLによるサーバサイドJavaアプリケーション開発の基礎に加えて、プログラミングに取り組む時間を増やすことでよりエンジニアとしてのスキル向上を図るコースです。

コース前半は、プログラマに必要な基本技術(コンピュータの基礎、ロジック構築、言語文法)を学びます。

コース後半では、サーバサイドJavaアプリケーション開発の基本を学び、グループ演習によりプロジェクト型のシステム開発を体験してもらいます。

そして、コースの集大成として、最後に、これまでの講座で修得した知識・スキルを用いて、JavaによるWebアプリケーション開発を模擬体験する『プロジェクト型演習』の講座を実施します。


② オブジェクト指向開発実践コース【UML-Java】

教育版レゴ® マインドストーム® EV3を使用し、実践型の開発プロ
ジェクト演習に取り組みます。
開発プロセス全体の体験を通じて、各フェーズでの自身の成果がどの
ように後工程やシステムの品質に影響を与えるかを、成功体験・失敗
体験から深く理解でき、全体を俯瞰する力が身に付きます。

・顧客要求に対しオブジェクト指向を用いて分析/設計を行い、Javaで
 プログラミングします。 
 実装からテスト工程はロボットを使用し、正しくシステムが動くかや
 正しく理解できて理解できているかを、ロボットの動きで可視化しながら
 トライアンドエラーを繰り返します。

・2人1組のチームを組み、個々の責務を果たしつつもチームとしての
 開発成果を目指して取り組みます。

・基本処理・例外処理・性能改善・機能追加と、受講者の理解度に応じて
 開発成果に大きな差が出る5日間の開発プロジェクト演習です。

※ロボットは、お貸出にて実施いたします。

助成金をご活用いただくことで、人材育成費用を大幅に削減できます。

人材開発支援助成金の活用

厚生労働省の指定講座は助成制度を活用できます。
国の制度を有効活用することで、研修費用の約50~100%の助成※を受けることが可能です。

■ 人材開発支援助成金
労働者の職業生活設計の全期間を通じて段階的かつ体系的な職業能力開発を効果的に促進するため、雇用する労働者に対して職務に関連した専門的な知識や技能を習得させるための職業能力等を受講させる事業主等を支援するための制度です。

※活用可能な助成制度の内容は、お客様ごとに異なります。 詳しくはお問い合わせください。

お申込・お問い合わせ

研修内容や助成金のことなど、詳しくはお問い合わせください。